2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【5月3日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
無断転貸において、賃貸人が転借人に建物の明渡しを請求したときは、転借人は建物を使用収益できなくなるおそれがあるので、賃借人が転借人に相当の担保を提供していない限り、転借人は、賃借人に対して転貸借の賃料の支払を拒絶できる。


【問2】行政事件訴訟法

(旧)地方鉄道法に定める料金改定の認可処分に関する規定の趣旨は、もっぱら、公共の利益を確保することにあるのであって、当該地方鉄道の利用者の個別的な権利利益を保護することにあるのではないから、通勤定期券を利用して当該鉄道で通勤する者であっても、当該認可処分によって自己の権利利益を侵害され又は必然的に侵害されるおそれのある者に当たるということはできず、認可処分の取消しを求める原告適格は認められない。


【問3】会社法

合名会社および合資会社は、定款に資本金の額を記載し、これを登記する。

8月から逆転合格:模試ad