2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【5月19日】行政書士の過去問無料解説

こんにちは!行書塾の小野です!

『誰よりも三倍、四倍、五倍勉強する者、それが天才だ』

1000円札の肖像にもなっており、ノーベル生理学・医学賞の候補に三度も名前が挙がった野口英世さんの言葉です。

天才と呼ばれている人のほとんどが 生まれながらにして、天才ではありません。

生まれてきてからの努力によって、天才と呼ばれるくらいの実績を出していました。

私が好きなイチロー選手も並外れた努力をしています。

人並みの努力で、並外れた成果を出している人の方が少ないです。

結果を出している人のほとんどが、他の人より努力しています!

行政書士試験の勉強でも同じです!

合格する人は、不合格になる人より、2倍も3倍も勉強しています!

もちろん勉強量だけが合格の条件ではないですが、勉強量も重要です!

今日は勉強したな!よくやったな!と自分自身を褒めてあげられる位頑張りましょう!

【問1】民法
食品の製造販売を業とする者が、有害物質の混入した食品を、食品衛生法に抵触するものであることを知りながら、あえて製造販売し取引を継続していた場合には、当該取引は、公序良俗に反して無効である。


【問2】国家賠償法

通達は、本来、法規としての性質を有しない行政組織内部の命令にすぎず、その違法性を裁判所が独自に判断できるから、国の担当者が、法律の解釈を誤って通達を定め、この通達に従った取扱いを継続したことは、国家賠償法1条1項の適用上も当然に違法なものと評価される。


【問3】会社法

種類株式発行会社ではない取締役会設置会社で、複数の監査役が選任されている監査役設置会社に関して、
代表取締役が監査役の選任に関する議案を株主総会に提出するには、監査役全員の同意を得なければならない。

8月から逆転合格:模試ad