予想模試の値上げまで あと

【4月28日】行政書士の過去問無料解説

個別指導の募集終了まで「あと2日」です!

昨年、5月から個別指導を受講した方も、合格していただきました!

毎回言っていますが、合格するためには、「理解学習」をする必要があります。

理解すべき部分は理解して
丸暗記でいい部分は暗記していく!

これが効率的な勉強法です!

行政書士試験は、頭に入れるべき部分が非常に多いので
効率的に勉強していかないと、

何年も落ち続けます。。。

もし、「効率的に勉強ができていない」

「理解学習ができていない」というのであれば

個別指導をご検討ください!

今年、あなたに合格していただきます!

【問1】民法
質権は、債権などの財産権の上にこれを設定することができる。

 


【問2】行政事件訴訟法

不作為の違法確認の訴えについては、取消訴訟について規定されているような出訴期間の定めは、無効等確認の訴えや処分の差止めの訴えと同様、規定されていない。

 


【問3】会社法

監査等委員会設置会社または指名委員会等設置会社は、いずれも監査役を設置することができない。

 

【勉強の仕方等、お気軽にご相談ください!】
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • ご相談はこちら