行政書士の通信講座はこちら:令和4年
上記「個別指導の最安値終了」まで あと

【4月28日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
質権は、債権などの財産権の上にこれを設定することができる。


【問2】行政事件訴訟法

不作為の違法確認の訴えについては、取消訴訟について規定されているような出訴期間の定めは、無効等確認の訴えや処分の差止めの訴えと同様、規定されていない。


【問3】会社法

監査等委員会設置会社または指名委員会等設置会社は、いずれも監査役を設置することができない。