行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【4月15日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
Dは自己所有の乙機械をEに賃貸し、Eはその引渡しを受けて使用収益を開始したが、Dは賃貸借期間の途中でFに対して乙機械を譲渡した。FがEに対して所有権に基づいて乙機械の引渡しを求めた場合には、Eは乙機械の動産賃借権をもってFに対抗することができないため、D・F間において乙機械に関する指図による占有移転が行われていなかったとしても、EはFの請求に応じなければならない。


【問2】行政事件訴訟法

処分の執行停止の申立ては、当該処分に対して取消訴訟を提起した者だけではなく、それに対して差止訴訟を提起した者もなすことができる。


【問3】会社法

「募集株式の発行に係る募集事項は、株主総会の決議により決定する」という内容は、全ての株式会社に共通する。