行政書士の通信講座はこちら:令和4年
上記「個別指導の最安値終了」まで あと

【4月12日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
代理人が本人の許諾を得て復代理人を選任した場合において、復代理人が代理行為の履行として相手方から目的物を受領したときは、同人はこれを代理人に対してではなく、本人に対して引き渡す義務を負う。


【問2】行政事件訴訟法

事情判決に関する規定は、義務付け訴訟や差止訴訟にも明文で準用されており、これらの訴訟において、事情判決がなされた例がある。


【問3】会社法

監査等委員会設置会社において、監査等委員である取締役は、株主総会において、監査等委員である取締役の報酬等について意見を述べることができる。