行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【3月9日】行政書士の過去問無料解説

こんにちは! 行書塾の小野です!

「8割解けるようにして、次の教材」

例えば、Aという問題集を買ったとします。

そうしたら、その問題集Aは何度も復習して8割以上解けるようにしましょう!

全部を完璧するのは難しいので、8割程度で十分です!

そうしたら、次の問題集を行ないましょう!

そうすることで、

1.解けない問題を発見できます!

また、

2.これまで勉強した知識がさらに深く理解できるようになります!

そして、また、この問題集も8割頭に入れて、さらに別の問題集に進みましょう!

ほとんど頭に入っていないのに、次の問題集にいってもそれではダメです。

それだと、全部中途半端になります。

完璧は目指さなくてもいいですが、8割は目指しましょう!

【問1】一般知識

「店舗を構えずに、異性との性的好奇心を満たすための会話の機会を提供し異性を紹介する営業である、いわゆる無店舗型テレクラ」は、風適法による許可または届出の対象となっている。


【問2】行政事件訴訟法

A県議会議員の選挙において、その当選の効力に関し不服がある候補者がA県選挙管理委員会を被告として提起する訴訟は、機関訴訟である。


【問3】会社法

株式会社の成立の時における現物出資財産等の価額が当該現物出資財産等について定款に記載または記録された価額に著しく不足するときは、発起人および設立時取締役は、当該株式会社に対し、連帯して、当該不足額を支払う義務を負い、この義務は、総株主の同意によっても、免除することはできない。