令和6年度の行政書士試験の合格を目指す。理解学習が実践できる個別指導はこちら

【3月1日】行政書士の過去問無料解説

【問1】基礎知識

日本国籍を有しない外国人は、当該市町村の区域内に住所を有し、かつ、一定の要件に該当するときには、住民基本台帳制度の適用対象になる。  

【問2】行政事件訴訟法

申請を認める処分を取り消す判決は、原告および被告以外の第三者に対しても効力を有する。  

【問3】商法

商人Aが、商人Bに対してAの商号をもって営業を行うことを許諾したところ、Aの商号を使用したBと取引をした相手方Cは、当該取引(以下、「本件取引」という。)を自己とAとの取引であると誤認した。 契約はAとCの間で成立するが、BはAと連帯して本件取引によって生じた債務について責任を負う。  
まだ、勉強時間を無駄にしますか?行書塾の個別指導はこちら
【勉強の仕方等、お気軽にご相談ください!】
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • ご相談はこちら