2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【2月4日】行政書士の過去問無料解説

【問1】憲法

法廷内における傍聴人のメモ採取を禁止することが憲法に違反しないかが争われた事件の最高裁判所判決に関して、
傍聴人のメモを取る行為が公正かつ円滑な訴訟の運営を妨げるに至ることは通常はあり得ないのであって、特段の事情のない限り、これを傍聴人の自由に任せるべきであり、それが憲法21条1項の規定の精神に合致する。


【問2】行政不服審査法

審理員は、必要があると認める場合には、審査庁に対し、執行停止をすべき旨の意見書を提出することができ、意見書の提出があった場合、審査庁は、速やかに執行停止をしなければならない。


【問3】会社法

会社法上の公開会社における資金調達に関して
会社が指名委員会等設置会社である場合には、取締役会決議により、多額の借入れの決定権限を執行役に委任することができる。

8月から逆転合格:模試ad