2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【2月3日】行政書士の過去問無料解説

【問1】憲法

法廷内における傍聴人のメモ採取を禁止することが憲法に違反しないかが争われた事件の最高裁判所判決に関して、
さまざまな意見、知識、情報に接し、これを摂取することを補助するものとしてなされる限り、筆記行為の自由は、憲法21条1項の規定の精神に照らして尊重されるべきであるが、これは憲法21条1項の規定によって直接保障される表現の自由そのものとは異なるから、その制限又は禁止には、表現の自由に制約を加える場合に一般に必要とされる厳格な基準が要求されるものではない。


【問2】行政不服審査法

審査庁は、処分、処分の執行または手続の続行により生ずる重大な損害を避けるために緊急の必要があると認めるときは、審査請求人の申立てがなくとも、職権で執行停止をしなければならない。


【問3】会社法

会社法上の公開会社における資金調達に関して
募集株式一株と引換えに払い込む金額については、募集事項の決定時に、確定した額を決定しなければならない。

8月から逆転合格:模試ad