令和6年度の行政書士試験の合格を目指す。理解学習が実践できる個別指導はこちら

【2月2日】行政書士の過去問無料解説

行書塾の小野です!

一昨日、令和5年試験の合格発表がありました!

まだ、ご覧になっていない方は、ぜひ、下記ページから確認してみてください!

合格者の受験番号はこちら>>

惜しくも落ちてしまった方は
勉強の仕方を今一度振り返ってみましょう!

テキストや過去問集の内容を丸暗記してもなかなか合格できません

独学であっても、予備校生であっても、通信講座であっても
専門書等で調べながら、理解学習を実践しないと、なかなか合格するのは難しいです。

もちろん、丸暗記学習でも「運よく合格」することはありますが
それだと運任せです。

数年連続で落ちることも覚悟して丸暗記学習をしないといけません。

それが嫌だ!
次の試験で合格したい!
というのであれば「理解学習」に変えることです!

もし、理解学習をするのが難しいようでしたら、ぜひ個別指導をご検討ください!

個別指導であれば、あなたに合格していただける自信があります!

今年こそ、絶対合格して、一緒に喜びましょう!

行政書士の通信講座を特別価格で申し込む

【問1】憲法

法廷内における傍聴人のメモ採取を禁止することが憲法に違反しないかが争われた事件の最高裁判所判決に関して、
憲法21条1項は表現の自由を保障しており、各人が自由にさまざまな意見、知識、情報に接し、これを摂取する機会をもつことは、個人の人格発展にも民主主義社会にとっても必要不可欠であるから、情報を摂取する自由は、右規定の趣旨、目的から、いわばその派生原理として当然に導かれる。

 


【問2】行政不服審査法

処分庁の上級行政庁または処分庁のいずれでもない審査庁は、必要があると認めるときは、審査請求人の申立てによりまたは職権で、処分の効力、処分の執行または手続の続行の全部または一部の停止その他の措置をとることができる。

 


【問3】会社法

会社法上の公開会社における資金調達に関して
株主に株式の割当てを受ける権利を与えて募集株式を発行する場合には、募集事項の通知は、公告をもってこれに代えることができる。

 

まだ、勉強時間を無駄にしますか?行書塾の個別指導はこちら
【勉強の仕方等、お気軽にご相談ください!】
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • ご相談はこちら