2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【12月5日】行政書士の過去問無料解説

本日は
「民法が苦手です。どうしたらいいでしょうか?」
というご質問をいただきましたので

民法の対策法を共有させていただきます!

【問1】憲法

憲法が保障する「健康で文化的な最低限度の生活」を営む権利のうち、「最低限度の生活」はある程度明確に確定できるが、「健康で文化的な生活」は抽象度の高い概念であり、その具体化に当たっては立法府・行政府の広い裁量が認められる。


【問2】行政手続法

行政庁は、申請を拒否する処分をする場合には、申請者から求めがあったときに限り当該処分の理由を示すべきものとされているのに対し、不利益処分をする場合には、処分を行う際に名宛人に対して必ず当該処分の理由を示すべきものとされている。


【問3】会社法

発起設立または募集設立のいずれの場合においても、発起人は、払込みの取扱いをした銀行等に対して、払い込まれた金額に相当する金銭の保管に関する証明書の交付を請求することができ、この証明書を交付した銀行等は、当該証明書の記載が事実と異なること、または当該金銭の返還に関して制限があることをもって、成立後の株式会社に対抗することはできない。

8月から逆転合格:模試ad