行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【12月28日】行政書士の過去問無料解説

【問1】憲法

憲法13条が幸福追求権を保障したことをうけ、人権規定の私人間効力が判例上確立された1970年代以降、生命・身体、名誉・プライバシー、氏名・肖像等に関する私法上の人格権が初めて認められるようになった。


【問2】行政手続法

行政庁は、不利益処分の決定をするときは、調書の内容および報告書に記載された聴聞の主宰者の意見を十分に参酌してこれをしなければならない。


【問3】会社法

取締役会設置会社(指名委員会等設置会社を除く。)であり、種類株式発行会社でない株式会社は、単元未満株主が当該単元未満株式について残余財産の分配を受ける権利を行使することができない旨を定款で定めることができない。