2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【12月27日】行政書士の過去問無料解説

こんにちは!行書塾の小野です!

行政書士試験で合格するためにはどんな勉強をしなければいけないのか?

それは「理解学習」です!

多くの方が、どれだけ勉強しても結果が出ない「丸暗記学習」をしています。

来年、合格するためにも「理解学習」を行っていきましょう!

では、理解学習とはどんな勉強法か?

具体例を使ってお伝えします!

【問1】憲法

プライバシーの権利が、私法上、他者の侵害から私的領域を防御するという性格をもつのに対して、自己決定権は、公法上、国公立の学校や病院などにおける社会的な共同生活の中で生じる問題を取り扱う。


【問2】行政手続法

聴聞の終結後、聴聞の主宰者から調書および報告書が提出されたときは、行政庁は、聴聞の再開を命ずることはできない。


【問3】会社法

取締役会設置会社(指名委員会等設置会社を除く。)であり、種類株式発行会社でない株式会社は、その発行する株式について、一定の数の株式をもって株主が株主総会において一個の議決権を行使することができる一単元の株式とする旨を定款で定めることができる。

8月から逆転合格:模試ad