2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【12月22日】行政書士の過去問無料解説

【問1】憲法

予見し難い予算の不足に充てるため、内閣は国会の議決に基づき予備費を設けることができるが、すべての予備費の支出について事後に国会の承認が必要である。


【問2】行政手続法

青色申告について行政庁が行った更正処分における理由附記の不備という違法は、同処分に対する審査裁決において処分理由が明らかにされた場合には、治癒され、更正処分の取消事由とはならない。


【問3】会社法

発起人は、設立時発行株式を引き受ける者の募集をする旨を定めようとするときは、その全員の同意を得なければならない。

8月から逆転合格:模試ad