2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【11月9日】行政書士の過去問無料解説

【問1】基礎法学

家庭裁判所は、家庭に関する事件の審判および調停ならびに少年保護事件の審判など、民事訴訟や刑事訴訟になじまない事件について権限を有するものとされ、訴訟事件は取り扱わない。


【問2】行政法

税務調査(質問検査権)に関しては、国税通則法により、急速を要する場合を除き、事前に裁判官の許可を得ることが必要とされている。


【問3】会社法

公開会社であり、かつ、大会社である監査役会設置会社は、1名以上の社外取締役を選任しなければならない。

8月から逆転合格:模試ad