2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【11月7日】行政書士の過去問無料解説

本日は、即時取得のポイントについて、解説いたします!

行政書士の合格に是非お役立てください!

【問1】基礎法学

裁判官が合議制により裁判を行う場合には、最高裁判所の裁判を除いて、裁判官の意見が一致しないときであっても、少数意見を付すことはできない。


【問2】行政法

警察官職務執行法上の職務質問に付随して行う所持品検査は、検査の必要性、緊急性の認められる場合には、相手方への強制にわたるものであっても適法である。


【問3】会社法

社外取締役は、当該株式会社またはその子会社の業務執行取締役もしくは執行役または支配人その他の使用人を兼任することができない。

8月から逆転合格:模試ad