令和5年個別指導

【11月29日】行政書士の過去問無料解説

個別指導の値上げまで「あと1日」となりました!

「来年絶対合格する!」と決めたのであれば、
今すぐ「理解学習」を実践していきましょう!

「理解学習」が難しい方は、個別指導をご検討ください!

今からであれば、来年合格していただく自信があります!

あなたの受講をお待ちしております!

【問1】基礎法学

最高裁判所が、法令の解釈適用に関して、自らの過去の判例を変更する際には、大法廷を開く必要がある。

 


【問2】行政法

行政契約でも、その内容が国民に義務を課したり、その権利を制限するものについては、法律の留保の原則に関する侵害留保理論に立った場合、法律の根拠が必要であると解される。

 


【問3】会社法

監査等委員会設置会社において、監査等委員会が選定する監査等委員は、株主総会において、監査等委員以外の取締役の報酬等について、監査等委員会の意見を述べることができる。

 

令和5年の行政書士の通信講座。勉強しても理解できない方、勉強しても合格できない方、勉強の仕方が分からない方、自分自身で計画管理ができない方は、行書塾の通信講座をご利用ください!通信講座の詳細はこちら
【勉強の仕方等、お気軽にご相談ください!】
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • ご相談はこちら