行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【11月27日】行政書士の過去問無料解説

こんにちは!
行書塾の小野です!

個別指導の値上げまで
あと3日」となりました!

この時期に受講するから合格率も高くなります

ズルズル時間が過ぎると「理解学習」ができる期間も短くなるので
合格率も下がってしまいます

「来年絶対合格する!」
と決めたのであれば、ぜひ、個別指導で「理解学習」を実践しましょう!

【問1】基礎法学

判例という語は、広義では過去の裁判例を広く指す意味でも用いられ、この意味での判例に含まれる一般的説示が時として後の判決や立法に大きな影響を与えることがある。

 


【問2】行政法

課税庁が課税上の取扱いを変更した場合において、それを通達の発出などにより納税者に周知する措置をとらなかったとしても、そのような事情は、過少申告加算税が課されない場合の要件として国税通則法に規定されている「正当な理由があると認められる」場合についての判断において考慮の対象とならない。

 


【問3】会社法

取締役の報酬等は、当該株式会社の分配可能額の中から剰余金の処分として支給され、分配可能額がない場合には、報酬等を支給することはできない。