2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【11月26日】行政書士の過去問無料解説

【問1】基礎法学

英米法系の国では、判決のうち、結論を導く上で必要な部分を「主文(レイシオ・デシデンダイ)」、他の部分を「判決理由」と呼び、後者には判例法としての拘束力を認めない。


【問2】行政法

課税処分において信義則の法理の適用により当該課税処分が違法なものとして取り消されるのは、租税法規の適用における納税者間の平等、公平という要請を犠牲にしてもなお、当該課税処分に係る課税を免れしめて納税者の信頼を保護しなければ正義に反するといえるような特別の事情が存する場合に限られる。


【問3】会社法

発行済株式の総数は、会社が募集新株予約権を発行することにより増加する。

8月から逆転合格:模試ad