2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【11月25日】行政書士の過去問無料解説

【問1】基礎法学

判例は、一般的見解によれば、英米法系の国では後の事件に対して法的な拘束力を有する法源とされてきたが、大陸法系の国では法源とはされてこなかった。


【問2】行政法

公務員として採用された者が有罪判決を受け、その時点で失職していたはずのところ、有罪判決の事実を秘匿して相当長期にわたり勤務し給与を受けていた場合には、そのような長期にわたり事実上勤務してきたことを理由に、信義誠実の原則に基づき、新たな任用関係ないし雇用関係が形成される。


【問3】会社法

発行済株式の総数は、会社が自己株式を処分することにより増加する。

8月から逆転合格:模試ad