行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【11月19日】行政書士の過去問無料解説

『つらいのは頑張っている証拠』

つらいと思えるのであれば、それだけ頑張っている証拠です!

そんなときは、自分を褒めてあげましょう!

好きなスイーツや食べ物を食べるのも良いでしょう!

頑張った日は、「よくやったなぁ」と満足感も得られますよね!

すっきりした気分で一日を終えましょう!

行政主体とは?

【問1】基礎法学

「遅滞なく」、「直ちに」、「速やかに」のうち、時間的即時性が最も強いのは「直ちに」であり、その次が「遅滞なく」である。これらのうち、時間的即時性が最も弱いのは「速やかに」である。


【問2】行政法

公立病院において行われる診療に関する法律関係は、本質上私法関係と解されるので、公立病院の診療に関する債権の消滅時効は、地方自治法の規定ではなく、民法の規定に基づいて判断される。


【問3】会社法

発起人は、その引き受けた設立時発行株式について、その出資に係る金銭の全額を払い込み、またはその出資に係る金銭以外の財産の全部を給付した時に、設立時発行株式の株主となる。