2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【11月15日】行政書士の過去問無料解説

【問1】基礎法学

「及び」と「並びに」は、いずれもその前後の語句を並列させる接続語であり、並列される語句に段階がある場合には、一番小さな並列的連結にだけ「及び」を用い、他の大きな並列的連結には全て「並びに」を用いる。


【問2】行政法

行政庁がその裁量に任された事項について、裁量権行使の準則(裁量基準)を定めることがあっても、このような準則は、行政庁の処分の妥当性を確保するためのものであるから、処分が当該準則に違背して行われたとしても、違背したという理由だけでは違法とはならない。


【問3】会社法

株式会社は、当該株式会社の株主および当該株式会社に対し、剰余金の配当をすることができる。

8月から逆転合格:模試ad