行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【11月14日】行政書士の過去問無料解説

おはようございます!
行書塾の小野です!

今日は試験ですね!

まずは、深呼吸をしましょう!

あとで自己採点ができるように、マークした選択肢がどれかは分かるようにしておきましょう!

会場についたらまず、トイレは済ましておきましょう!

試験前は好きな音楽を聴いてリラックスするのもいいですね!

試験が始まって分からない問題が出たら次のように考えましょう!

「分からないものは仕方ない!
 ここで、考えすぎると、時間を浪費して時間がなくなるぞ!
 周りの人は、ここで考えすぎて落ちるパターンだな!
 だから私は飛ばして、後回しにしよう!
 気にしない気にしない!」

私は実際こんな感じで本試験を解いていました!

最後に、深呼吸をしましょう!

試験中も、焦りが出始めたら深呼吸です!

目を閉じて深呼吸です!

応援しています♪

【問1】基礎法学

英米法的な観点を加えた新しい刑事訴訟法が制定された。


【問2】行政法

事業者に対する行政財産の目的外使用許可が所定の使用期間の途中で撤回された場合に、撤回を行った行政主体に損失補償の責任が生じるのは、許可に際して損失補償をする旨の取り決めを行ったときに限られる。


【問3】会社法

株式会社より分配可能額を超える金銭の交付を受けた株主がその事実につき善意である場合には、当該株主は、当該株式会社に対し、交付を受けた金銭を支払う義務を負わない。