行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【11月11日】行政書士の過去問無料解説

【問1】基礎法学

労働者の権利を拡張するものとして労働組合法が制定された。


【問2】行政法

地方公共団体が第三セクター法人の事業に関して当該法人の債権者と損失補償契約を結んだ場合、当該契約の適法性、有効性は、契約締結に係る公益上の必要性についての長の判断に裁量権の逸脱、濫用があったか否かによって判断される。


【問3】会社法

株式会社は、社外取締役の当該株式会社に対する責任について、社外取締役が職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がない場合において、当該社外取締役が負う責任の限度額をあらかじめ定める旨の契約を締結することができる旨を定款で定めることができる。