行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【11月1日】行政書士の過去問無料解説

【問1】基礎法学

限時法とは、特定の事態に対応するために制定され、その事態が収束した場合には失効するものをいう。


【問2】行政法

文部省令が、登録の対象となる文化財的価値のある刀剣類の鑑定基準として、美術品として文化財的価値を有する日本刀に限る旨を定めたことは、銃砲刀剣類所持等取締法の趣旨に沿う合理性を有する鑑定基準を定めたものというべきであるから、これをもって法の委任の趣旨を逸脱する無効のものということはできない。


【問3】会社法

株式会社が成立しなかったときは、発起人は、連帯して、株式会社の設立に関してした行為についてその責任を負い、株式会社の設立に関して支出した費用を負担する。