2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【10月8日】行政書士の過去問無料解説

【問1】基礎法学

刑事裁判において、大陸法系の諸国では、国民から選任された参審員が裁判官と合議体を構成して裁判を行う参審制度が採用されている場合がある。


【問2】行政法

義務違反に対する課徴金の賦課は、一種の制裁であるから、罰金などの刑罰と併科することは二重処罰の禁止に抵触し、許されない。


【問3】商法

当事者の一方が2人以上ある場合において、その1人のために商行為となる行為については、商法をその全員に適用する。

行政書士試験で一発合格を目指す!試験対策用の無料メルマガをお送りします!分かりやすい過去問解説が特徴です!