2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【10月8日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
Aは、自己所有の甲建物をBに贈与する旨を約した。
本件贈与が書面によるものであるというためには、Aの贈与意思の確保を図るため、AB間において贈与契約書が作成され、作成日付、目的物、移転登記手続の期日および当事者の署名押印がされていなければならない。


【問2】行政法

審理員は、必要があると認める場合には、審査庁に対し、執行停止をすべき旨の意見書を提出することができ、意見書の提出があった場合、審査庁は、速やかに執行停止をしなければならない。


【問3】会社法

譲渡制限の定めのある株式の譲渡による取得を承認しない旨の決定をした会社(取締役会設置会社)は、対象となる株式の全部または一部を買い取る者を指定することができ、この指定は定款に別段の定めがない限り、取締役会の決議によって行う。