2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【10月7日】行政書士の過去問無料解説

【問1】基礎法学

英米法系の諸国では、公法と私法の区別が重視され、行政事件を取り扱う特別の裁判所が設置されているのが通例である。


【問2】行政法

法令上の義務に違反した者について、その氏名や違反事実を公表することは、義務違反に対する制裁と解されるので、行政手続法上、聴聞の対象とされている。


【問3】商法

当事者の一方のために商行為となる行為については、商法をその双方に適用する。

行政書士試験で一発合格を目指す!試験対策用の無料メルマガをお送りします!分かりやすい過去問解説が特徴です!