2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【10月31日】行政書士の過去問無料解説

【問1】基礎法学

わが国の法律は基本的には属人主義をとっており、法律によって日本国民以外の者に権利を付与することはできない。


【問2】行政法

免許やその更新自体が適法になされたのだとすれば、その後の違反行為が理由になっていますから、それは行政法学上、撤回と呼ばれる。


【問3】会社法

発起人、設立時取締役または設立時監査役がその職務を行うについて悪意または重大な過失があったときは、当該発起人、設立時取締役または設立時監査役は、これによって第三者に生じた損害を賠償する責任を負う。

8月から逆転合格:模試ad