行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【10月3日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
AがBに対して電器製品を売却する旨の売買契約について、
Aが履行期日に電器製品をBのもとに持参したが、Bが売買代金を準備していなかったため、Aは電器製品を持ち帰った。翌日AがBに対して、電器製品を持参せずに売買代金の支払を求めた場合、Bはこれを拒むことができる。


【問2】行政法

審査請求人は、処分庁が提出した反論書に記載された事項について、弁明書を提出することができる。


【問3】会社法

取締役の数が6人以上であって、そのうち1人以上が社外取締役である株式会社(指名委員会等設置会社を除く。)において、「当該会社の代表取締役が当該会社を代表して多額の借財を行う場合に、当該行為についての取締役会の決議については、特別取締役による議決を持って行うことを定める場合」、定款の定めは必要ない。