令和5年個別指導

【10月29日】行政書士の過去問無料解説

個別指導のお申込みはこちら

【問1】基礎法学

「判決」には、家事事件および少年事件について、家庭裁判所がする審判も含まれ、審判は原則として口頭弁論に基づいて行われる。

 


【問2】行政法

『免許の条件等』のところに『眼鏡等』と書かれている点について、これは、運転にあたっては視力を矯正する眼鏡等を使用しなければならないということですから、それも附款の一種の条件と呼ばれるものである。

 


【問3】会社法

発起人は、出資の履行において金銭の払込みを仮装した場合には、払込みを仮装した出資に係る金銭の全額を支払う義務を負い、この義務は、総株主の同意によっても、免除することはできない。

 

令和5年の行政書士の通信講座。勉強しても理解できない方、勉強しても合格できない方、勉強の仕方が分からない方、自分自身で計画管理ができない方は、行書塾の通信講座をご利用ください!通信講座の詳細はこちら
【勉強の仕方等、お気軽にご相談ください!】
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • ご相談はこちら