【10月28日】行政書士の過去問無料解説

「やる気がなくならない限り、失敗はありえない。」

哲学者であるエルバート・ハバードの言葉です。

「やる気」は勉強において非常に重要な要素です!

やらなければいけないけど、やる気がないと勉強できません。

そんな時、何か対策を考えていますか?

 

やる気を出させるスイッチは人によって異なります!

私は、やる気がないときは勉強しません。

これが一番の解決策になっています。

こうすると、逆に「ヤバイ。。やらないとマズイ・・・」

となり、やる気が出てきます。

あなたにとってやる気スイッチは何かを探すのは非常に重要なことです!

是非、探してみてください!

【問1】基礎法学

「命令」は、「決定」と同じく、「判決」よりも簡易な方式で行われる裁判であるが、裁判所ではなく個々の裁判官が機関としてする裁判であり、口頭弁論を経ることを要しない。

 


【問2】行政法

免許証に記載された『平成29年08月15日まで有効』という記載は、行政法学上、条件と呼ばれるものである。

 


【問3】会社法

株式会社の成立の時における現物出資財産等の価額が当該現物出資財産等について定款に記載または記録された価額に著しく不足するときは、発起人および設立時取締役は、当該株式会社に対し、連帯して、当該不足額を支払う義務を負い、この義務は、総株主の同意によっても、免除することはできない。

 

短期集中実力アップ講座のお申し込みはこちら
【勉強の仕方等、お気軽にご相談ください!】
  • メールアドレス
  • お名前(苗字のみ)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • ご相談はこちら