【10月20日】行政書士の過去問無料解説

【問1】基礎法学

社会の法的確信を伴うに至った慣習であって、法的効力が認められているものを「社会法」という。


【問2】行政法

行政上の義務の履行確保に関しては、同法の定めるところによるとした上で、代執行の対象とならない義務の履行確保については、執行罰、直接強制、その他民事執行の例により相当な手段をとることができる旨の規定が置かれている。


【問3】商法

商人の行為は、その営業のためにするものとみなされ、全て商行為となる。

【勉強の仕方等、お気軽にご相談ください!】
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • ご相談はこちら