令和5年個別指導

【10月19日】行政書士の過去問無料解説

予想模試の値上げまで「あと1日」です!

まだ、今からでも2回も復習できます!

具体的な流れとしては

■1回分の模試について

1日目:60問時間を計って解く→〇付けをする
2日目:問1~20までの復習
3日目:問21~40までの復習
4日目:問41~60までの復習

さらに2回目の復習は、解けなかった選択肢に絞って復習すればよいので
1回目よりも早く進めることができます!
そのため、下記のように行います!

5日目:問1~30までの復習
6日目:問31~60までの復習

3回分の模試がありますので

18日で2回も復習できます!

試験まで時間はありますので、まだ間に合います!

・まだ実力が上がっていない
・3時間で60問解けない
・市販の模試では合格点を取れているが、本試験で合格点を取れるか不安

といった方はぜひ、弊社の模試をご活用ください!

まだ今からでも対策できます!

【問1】基礎法学

手続法に対して、権利の発生、変更および消滅の要件など法律関係について規律する法を「実質法」という。

 


【問2】行政法

代執行を行うに当たっては、原則として、同法所定の戒告および通知を行わなければならないが、これらの行為について、義務者が審査請求を行うことができる旨の規定は、同法には特に置かれていない。

 


【問3】商法

店舗によって物品を販売することを業とする者は、商行為を行うことを業としない者であっても、商人とみなされる。

 


令和5年の行政書士の通信講座。勉強しても理解できない方、勉強しても合格できない方、勉強の仕方が分からない方、自分自身で計画管理ができない方は、行書塾の通信講座をご利用ください!通信講座の詳細はこちら

【勉強の仕方等、お気軽にご相談ください!】
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • ご相談はこちら