行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【10月19日】行政書士の過去問無料解説

【問1】基礎法学

手続法に対して、権利の発生、変更および消滅の要件など法律関係について規律する法を「実質法」という。


【問2】行政法

代執行を行うに当たっては、原則として、同法所定の戒告および通知を行わなければならないが、これらの行為について、義務者が審査請求を行うことができる旨の規定は、同法には特に置かれていない。


【問3】商法

店舗によって物品を販売することを業とする者は、商行為を行うことを業としない者であっても、商人とみなされる。