2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【10月18日】行政書士の過去問無料解説

【問1】憲法

自然法に対して、国家機関による制定行為や、慣習などの経験的事実といった人為に基づいて成立した法を「実定法」という。


【問2】行政法

代執行に要した費用については、義務者に対して納付命令を発出したのち、これが納付されないときは、国税滞納処分の例によりこれを徴収することができる。


【問3】商法

商人とは、自己の計算において商行為をすることを業とする者をいう。

8月から逆転合格:模試ad