2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【10月16日】行政書士の過去問無料解説

【問1】憲法

市町村が行う国民健康保険の保険料は、租税以外の公課ではあるが、賦課徴収の強制の度合いにおいては租税に類似する性質を有するので、憲法84条(租税法律主義)の趣旨が及ぶ。


【問2】行政法

電気事業法に基づく電気事業の許可は、行政裁量が広く認められると解されている。


【問3】商法

商行為の委任による代理権は、本人の死亡によって消滅する。

8月から逆転合格:模試ad