2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【10月14日】行政書士の過去問無料解説

【問1】基礎法学

教育基本法、環境基本法など「基本法」という名称を持つ法律は、法律の形式をとってはいるものの各議院の特別多数決を経て制定される特別の法律であるから、通常の法律をもって基本法の規定を改廃することはできない。


【問2】行政法

政令及び省令には、法律の委任があれば、罰則を設けることができる。


【問3】商法

支配人は、商人に代わり営業上の権限を有する者として登記されるから、当該商人の許可を得たとしても、他の商人の使用人となることはできない。

行政書士試験で一発合格を目指す!試験対策用の無料メルマガをお送りします!分かりやすい過去問解説が特徴です!