2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【10月10日】行政書士の過去問無料解説

【問1】憲法

憲法36条は、「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる」と定めるが、最高裁判例は「公共の福祉」を理由とした例外を許容する立場を明らかにしている。


【問2】行政法

政令は、内閣総理大臣が閣議を経て発することとされている。


【問3】商法

運送品が高価品であるときに、荷送人が運送を委託するにあたり、運送品の種類および価額を通知していなければ、運送人はその運送品に生じた損害を賠償する責任を負わない。

行政書士試験で一発合格を目指す!試験対策用の無料メルマガをお送りします!分かりやすい過去問解説が特徴です!