2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【10月1日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
債務者が債権者と合意して、債権者に対し本来の債務の弁済に代えて自己が所有する土地を譲渡した場合、土地所有権の移転の効果は、原則として代物弁済契約の意思表示によって生じる。


【問2】行政法

法人でない社団であっても、代表者の定めがあるものは、当該社団の名で審査請求をすることができる。


【問3】会社法

株式会社(指名委員会等設置会社を除く。)が、「譲渡制限株式を発行する株式会社が、相続その他の一般承継により当該会社の譲渡制限株式を取得した者に対し、当該株式を当該会社に売り渡すことを請求すること」定める場合、定款の定めは必要でない。

8月から逆転合格:模試ad