2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【1月20日】行政書士の過去問無料解説

【問1】憲法

企業者が、労働者の思想信条を理由に雇い入れを拒むことは、思想信条の自由の重要性に鑑み許されないが、いったん雇い入れた後は、思想信条を理由に不利益な取り扱いがなされてもこれを当然に違法とすることはできない。


【問2】行政不服審査法

審理員は、審査請求人または参加人の申立てがあった場合において、審理の進行のため必要と認めるときに限り、当該申立てをした者に、口頭で意見を述べる機会を与えることができる。


【問3】会社法

譲渡制限の定めのある株式の譲渡による取得を承認しない旨の決定をした会社(取締役会設置会社)は、対象となる株式の全部または一部を買い取る者を指定することができ、この指定は定款に別段の定めがない限り、取締役会の決議によって行う。

8月から逆転合格:模試ad