2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【1月14日】行政書士の過去問無料解説

【問1】憲法

最高裁判所は、裁判所の内部規律・司法事務処理に関し規則を制定することができるが、訴訟手続や弁護士に関する定めは法律事項であるから、規則で定めることはできない。


【問2】行政不服審査法

不作為についての審査請求は、法令に違反する事実がある場合において、その是正のためにされるべき処分がなされていないときにも、なすことができる。


【問3】会社法

株式会社(指名委員会等設置会社を除く。)が、「株券を発行していない株式会社が、その発行する全部の株式につき、株券を新たに発行すること」を定める場合、定款の定めは必要でない。