行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【1月11日】行政書士の過去問無料解説

【問1】憲法

刑罰の制定には法律の根拠が必要であるから、条例で罰則を定めるためには、その都度、法律による個別具体的な授権が必要である。


【問2】行政手続法

申請により求められた許認可等を拒否する処分は、不利益処分ではなく、「申請に対する処分」に該当する。


【問3】会社法

会社を被告とする株主総会の決議取消しの訴え、決議の無効確認の訴え、および決議の不存在確認の訴えにおいて、請求認容の判決が確定した場合には、その判決は、第三者に対しても効力を有する。