行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問47|一般知識

以下の各年に開催された近代オリンピック大会と政治に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

  1. ベルリン大会(1936年)は、ナチス・ドイツが政権を取る前に、不戦条約と国際協調のもとで実施された。
  2. ロンドン大会(1948年)は、第2次世界大戦後の初めての大会で、平和の祭典であるため日本やドイツも参加した。
  3. 東京大会(1964年)には、日本とソ連・中華人民共和国との間では第2次世界大戦に関する講和条約が結ばれていな
    かったので、ソ連と中華人民共和国は参加しなかった。
  4. モスクワ大会(1980年)は、ソ連によるアフガニスタン侵攻に反発した米国が参加をボイコットし、日本なども不参
    加となった。
  5. サラエボ(冬季)大会(1984年)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争終結の和平を記念して、国際連合停戦監視団の
    もとに開催された。

>解答と解説はこちら


【答え】:4
【解説】

1.ベルリン大会(1936年)は、ナチス・ドイツが政権を取る前に、不戦条約と国際協調のもとで
実施された。
1・・・妥当ではない
 
 

 
 

2.ロンドン大会(1948年)は、第2次世界大戦後の初めての大会で、平和の祭典であるため日本
やドイツも参加した。
2・・・妥当ではない
 
 

 
 

3.東京大会(1964年)には、日本とソ連・中華人民共和国との間では第2次世界大戦に関する講
和条約が結ばれていなかったので、ソ連と中華人民共和国は参加しなかった。
3・・・妥当ではない
 
 

 
 

4.モスクワ大会(1980年)は、ソ連によるアフガニスタン侵攻に反発した米国が参加をボイコッ
トし、日本なども不参加となった。
4・・・妥当
 
 

 
 

5.サラエボ(冬季)大会(1984年)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争終結の和平を記念して、
国際連合停戦監視団のもとに開催された。
5・・・妥当ではない
 
 

 
 

SNSでもご購読できます。