行政書士の通信講座はこちら:令和4年
上記「個別指導の最安値終了」まで あと

【8月8日】行政書士の過去問無料解説

現状の実力は分かっていますでしょうか?

過去問で200点以上取れる方でも
弊社の模試では、150点程度という方もいます。

これは、理解しながら学習できていない可能性があります。

早めに気づいて、残り3ヶ月でしっかり実力をつけましょう!

予想模試の値上げまであと2日です!

https://gyosyo.info/lp/lpm/

【問1】民法
Aが所有する甲土地につき、Aの長男BがAに無断で同人の代理人と称してCに売却した。
Bが死亡してAの妻DがAと共に共同相続した後、Aも死亡してDが相続するに至った場合、Dは本人の資格で無権代理行為の追認を拒絶する余地はない。


【問2】行政法

一級建築士免許取消処分をするに際し、行政庁が行政手続法に基づいて提示した理由が不十分であったとしても、行政手続法には理由の提示が不十分であった場合の処分の効果に関する規定は置かれていないから、その違法により裁判所は当該処分を取り消すことはできない。


【問3】会社法

発起人は、その引き受けた設立時発行株式について、その出資に係る金銭の全額を払い込み、またはその出資に係る金銭以外の財産の全部を給付した時に、設立時発行株式の株主となる。