行政書士の通信講座はこちら:令和4年
上記「個別指導の最安値終了」まで あと

【4月7日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
保証人や連帯保証人は、主たる債務の消滅時効を援用することはできるが、物上保証人や抵当不動産の第三取得者は、被担保債権の消滅時効を援用することはできない。


【問2】行政事件訴訟法

(旧)医療法の規定に基づく病院開設中止の勧告は、医療法上は当該勧告を受けた者が任意にこれに従うことを期待してされる行政指導として定められており、これに従わない場合でも、病院の開設後に、保険医療機関の指定を受けることができなくなる可能性が生じるにすぎないから、この勧告は、行政事件訴訟法3条2項にいう「行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為」に当たらない。


【問3】会社法

発行済株式の総数は、会社が募集新株予約権を発行することにより増加する。