2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【3月25日】行政書士の過去問無料解説

こんにちは! 行書塾の小野です!

「特別なことをするために特別なことをするのではない、 特別なことをするために普段どおりの当たり前のことをする。」

これは、イチロー選手の言葉です。

行政書士試験に置き換えるとどうなるでしょう?

  • 「特別なこと」とは、「合格」することでしょう!
  • 「当たり前のこと」とは、分からないことを分かるようにしていく、そのために、毎日、復習したり調べたりするということでしょう。

つまり、
合格するために、毎日、復習したり調べたりして、分からないことを分かるようにしていくことでしょう!

  • 毎日勉強する
  • 復習をきちんとする ・わからない部分は調べる

こういったことができていない場合は、まず、これを一つ一つできるようにしていきましょう!

【問1】一般知識

日本の安倍晋三首相は、かつての首相である吉田茂の孫である。


【問2】行政事件訴訟法

仮の差止めについては、公共の福祉に重大な影響を及ぼすおそれがあるときは、裁判所は、これを命ずる決定をすることができない。


【問3】会社法

株式会社は、分配可能額の全部につき、株主に対して、剰余金の配当を支払わなければならない。

8月から逆転合格:模試ad