行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【2月20日】行政書士の過去問無料解説

【問1】一般知識

2010年代の日本の貿易において、輸出と輸入を合わせた貿易総額が最大である相手国は中国である。


【問2】行政不服審査法

事実上の行為についての審査請求に理由がある場合、上級行政庁である審査庁は、裁決で、当該事実上の行為が違法又は不当である旨宣言するとともに、当該処分庁に対し、当該事実上の行為の全部若しくは一部を撤廃し、又はこれを変更すべき旨を命ずる。


【問3】商法

場屋の営業主が寄託を受けた物品が高価品であるときは、客がその種類および価額を通知してこれを場屋の営業主に寄託したのでなければ、場屋の営業主はその物品に生じた損害を賠償する責任を負わない。