2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【10月6日】行政書士の過去問無料解説

【問1】基礎法学

大陸法系の諸国では、公法と私法の区別が重視され、行政事件を取り扱う特別の裁判所が設置されているのが通例である。


【問2】行政法

食品衛生法に基づく保健所職員による立入検査に際して、受忍義務に反してこれを拒否する相手方に対しては、職員は、実力を行使して調査を実施することが認められる。


【問3】商法

公法人が行う商行為については、法令に別段の定めがある場合を除き、商法の定めるところによる。

行政書士試験で一発合格を目指す!試験対策用の無料メルマガをお送りします!分かりやすい過去問解説が特徴です!