行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【1月5日】行政書士の過去問無料解説

【問1】憲法

地方公共団体の議会の議員の定数配分については、地方自治の本旨にもとづき各地方公共団体が地方の実情に応じ条例で定めることができるので、人口比例が基本的な基準として適用されるわけではない。


【問2】行政手続法

不利益処分について、処分基準を定め、かつ、これを公にしておくことは、担当行政庁の努力義務にとどまり、義務とはされていない。


【問3】会社法

取締役会設置会社であり、種類株式発行会社でない株式会社が株式の分割によって定款所定の発行可能株式総数を超過することになる場合は、あらかじめ株主総会の決議により発行可能株式総数を変更するのでなければ、このような株式の分割をすることはできない。