監査役会

監査役会の構成員は、全員が監査役です(390条1項)。

そして、監査役は3人以上で、その半数が社外監査役でないといけません(335条3項)。

例えば、
監査役が3人の場合、社外監査役が2人以上
監査役が4人の場合、社外監査役が2人以上
監査役が5人の場合、社外監査役が3人以上
といった感じです。

監査役会の職務

監査役会の職務は下記3つです(390条2項)。

  1. 監査報告の作成
  2. 常勤の監査役の選定及び解職
  3. 「①監査の方針、監査役会設置会社の業務」及び「②財産の状況の調査の方法その他の監査役の職務の執行」に関する事項の決定(①②に関する内容の決定)

監査役会の招集と決議

監査役会は、各監査役が招集します(391条)。

監査役会の決議は、監査役の過半数をもって行います。(393条1項)

監査役会を設置しなければならない会社

公開会社でなく、かつ、監査等委員会設置会社でなく、かつ指名委員会等設置会社でない大会社は、監査役会を設置しなければなりません。

言い換えると、①公開会社、②監査等委員会設置会社、③指名委員会等設置会社は監査役会を設置しません。

※ 公開会社は、取締役会の設置が義務付けられています。そのため、原則、監査役の設置が義務付けられます。ただし、監査役ではなく、監査役会を設置することも可能です。また、監査役や監査役会を置かずに、②監査等委員会設置会社になることもできるし、③指名委員会等設置会社になることも可能です。

SNSでもご購読できます。